エンジン発電機で必要なエンジンオイル。オイル缶の開け方を教えます―マイナスドライバー必須?!

レビュー

こんにちは!

エンジン式の発電機を使う機会がありました。

燃料はガソリンなので、ガソリンスタンドで携行缶に入れて貰い、

created by Rinker
矢澤産業(Yazawasangyo)
¥3,480(2024/03/01 13:17:17時点 Amazon調べ-詳細)

いざ使おうとしたとき!!エンジンオイルがいることに気づきました。

確かに、よく考えれば車でもエンジンオイルが必要ですね。

チェーンソーにもチェーンソーオイルが必要です。

慌ててエンジンオイルを買いに行ったのですが、4サイクルと2サイクルとあり、どちらを買えばよいのか不明です。

今回使用するエンジン発電機(EENOUR GT3500iO)は、10W-30を使うと書いてあったので、4サイクルエンジンだと判断。

初回は0.5Lほど入れると書いてあったので、多めの4L缶を購入しました。

さて、ここで問題発生。ふたの開け方分からない。

押しても回しても、うんともすんとも(笑) 言いません。

調べたところ、無理やり隙間にドライバーなどをはさみ、フタを押し上げるそうです。

こんな感じ。

隙間に入れ込んだら、あとはテコの原理で「ぐっ」と上にはね上げます。そうすると、ふたがパカッを外れます。こんな感じ。

どうでしょうか?工具が無いと開けれないのだと思います。

使い終わった後、おさめる時はフタを上から押さえれば「パコン」と音が鳴りフタができます。

どうでしたでしょうか。一斗缶サイズの缶だと、フタを開けるのにひと工夫が必要です。

ちなみに、以前バイクに乗っていた時、使っていたのは1L程度だったので、ねじ式のフタでした。

発電機を使うにあたって、エンジンオイルが必要な事、ふたの開け方に工夫がいること。そして、ガソリンを買う時にも様々な注意事項があること、を学びました。日々、勉強ですね。

タイトルとURLをコピーしました