都会のベランダでプランター菜園。1年目で無事に野菜を収穫できるのか挑戦。

レビュー

プランターで家庭菜園を始めてみようと思います。日当たりが良くないベランダでどれだけ育つか挑戦です。

プランター菜園に必要なもの

今回購入したもの

  • プランター
    いろいろなサイズがあるので、野菜の種類や数に合わせて選びましょう

  • 育てたい野菜の苗を選びましょう
  • 野菜の土
    野菜に合わせて土を選びます。最近は必要な栄養素が既に含まれているものが売られているので便利です。
  • 肥料
    元肥としても追肥としても使えます。
  • 支柱
    苗が倒れたりしないようにするために必要です。

また、今回は買わなかったけれどあれば便利なもの

  • スコップ
    土を混ぜる時に使います。手でも良いです。
    スプーンで代用しました。
  • じょうろ
    水やりに必要です。ですが、じょうろは場所を取るのでペットボトルに穴開けるなどして代用しています。

植える下準備

土を入れていきます。鉢底ネットはもともとプランターについていました。

1/4くらい入れてから、肥料を入れてまた土をかぶせていきます。

今回入れた肥料はこちら。実家の時からお世話になっています。

有機100%野菜の肥料です。これをまくと野菜の収穫率が多いように感じます。

最後に溢れない程度に土をかぶせていきます。

created by Rinker
東商
¥336(2021/12/05 11:38:51時点 Amazon調べ-詳細)

水をかけてしっかりと土をなじませていきます。

スコップがないので、代わりに使い捨てのスプーンで代用しています。流石に混ぜにくかったです。

4つの苗(トマト×2、きゅうり×2)を植える予定ですが、さすがにこのサイズのプランターでは小さすぎだと感じました。

トマトの品種は「アイコ」という名前の楕円型のミニトマトです。

きゅうりの品種は「すずなり」という品種と名もない品種(笑)です。
初心者にもおすすめのきゅうりということで買ってみました。

数日ほど置いて、土がなじんでから後日植えます。

プランターに植えこむ

左からミニトマト(アイコ)、ミニトマト(アイコ)、きゅうり(不明)、きゅうり(すずなり)を植えました。

スプーンでは掘れなかったので、我慢ならず手で掘りました。やはり手が一番楽ですね。

支柱はあるのですが、まだ成長してないので必要になったら使おうと思います

感想

合計で4000円近くかかったので、それくらいの元は取れるとよいな~と思っていますが、1日のうち、ベランダに日差しが差し込むのは数時間なので正直育つか不安です。

それに花が咲いても受粉できるのか、また実が大きくなるのかも不安です。

きゅうり1本40円、トマト1パック200円で換算すれば、

きゅうりだけだと100本、トマトだけだと20パック(笑)

目指して頑張ります。

created by Rinker
東商
¥336(2021/12/05 11:38:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥417(2021/12/05 00:22:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
粂谷商店(Kumeyashoten)
¥1,596(2021/12/05 11:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

追記

トマトは順調に育ち、それなりに収穫はできました。

一方で、きゅうりはツルがぐんぐん伸びるにとどまり、受粉しても実が大きくならなかったり、途中で腐ったり…と収穫ができませんでした。

原因として、
・小さなプランターでトマト2本、きゅうり2本を育てたこと
・日射時間が極端に少ない

ことが考えられます。

都内で家庭菜園をする際は、あまり欲張らずできることをした方がよさそうですね。

タイトルとURLをコピーしました